読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでは 26頁を開いてください。タイトルは「Industrial Strength」というものです。「工業の強み」というよなことを推測したいですね。

(41)は市民戦争の頃にアメリカであったことは何か?という設問になっています。第1段落の4行目から「工業は農業よりも重要になった」とあります。ここを正解のヒントにしたいですね。①「工場での手に入る仕事がストップした」」とあります。しかしこれは市民戦争の頃ではありません。②「工業化後と専門家に呼ばれ始めた」も市民戦争の頃とは違いますね。④「サービス業が最重要となった」という最上級は本文には出てきません。よって消去法で②を選ぶこととなります。
(42)は「アメリカでの賃金アップはどうだったのか?」という設問です。これはマイナスイメージなのでプラスの選択肢を消せば正解は見つかります。①「労働者はパソコンを買う余裕ができた」というプラスイメージは消します。②「給料が払えないので店が閉まった」とまでは書かれていません。④「労働者の代わりをする科学技術が発達した」とは書いてありますが給料アップとは直に関係がありませんね。よってここは③を消去法で正解としたいですね。
(43)は「服の産業がアメリカに戻ってきた理由は何か?」というものです。②「たとえ値段が高くても製品の品質が良い」は書かれていません。③「アジア製品はアメリカ人の性質にマッチしない」とも書かれていません。④「東南アジアの労働者はひどい扱いを受けている」とも書かれていません。よってここも消去法で①を正解にしたいですね。
(44)は「アメリカで再出店を試みる店がトラブルを抱える理由は何か?」という設問ですね。②「訓練プログラムを昨日させるのにお金がかかる」は書かれていませんね。③「経済力が弱いので税金を上げる必要がある」とも書かれていませんね。④「外国にある設備を戻さなくてはいけない」とも書かれていませんね。よってここも消去法で①を正解としたいですね。
(45)はまとめの問題です。最終段落に正解となるヒントは多いですね。必ずとは限りませんけどね。②の「〜だけではなくて〜もまた」という表現は正解になりやすいんです。部分的な表現ではないからですね。ですからここは①③④を消してみたいと考えています。①「アジアの河野状の仕事は激しく減少すると予測されている」は書かれていませんね。③「no at all」は言い過ぎで消しましょう。④「開発途上国の賃金はアメリカを上回るだろう」というのは常識でありえませんね。やはりここも消去法で②を正解としたいですね。

英検はやはり消去法が物を言いますね。時間はかかるかもしれません。しかし本文に書かれていない選択肢が多いと思います。本文の単語が使われていて正解に見える単語は多いですけどね。それに惑わされない正解の見つけ方が消去法ですね。センターテストなどはプラスマイナスを使う消去法が効果的なんですけどね。英検はプラスマイナスを使わない消去法が効果的なんですね。この問題を解いてみてよく分かりましたね。